マンションに住みたい~賃貸?それとも購入?

>

現在の年齢やライフスタイルに合わせて選びましょう

年齢から賃貸に住むか購入するかを考える

中古マンションの賃貸に住むほうが良いのか?
新築分譲マンションに住むほうが良いのか?といったことは、自分の現在の年齢からも考えたほうが良いです。
それから、老後に関しても考えていかなければなりません。
まず、20代や30代の頃は多感な世代でもあります。中には数回引越しをするといった方も多いかと思われます。そういった点から、20代から30代の独身の場合は、賃貸のほうが住み替えもしやすく、おすすめです。
30代になると結婚する人も多く、子供がいる場合もあると思います。そういった場合は新築分譲マンションなどの購入も考えてみても良いかもしれません。
住宅ローンの支払いも20年以上と長いものになります。健康に余裕のある30代からなら、なるべく早く完済もできることになるので、購入も考えてみてください。
40代以降の場合も、支払いに余裕があるのであれば、新築分譲マンションを購入しても良いのではないでしょうか?
余裕が無い場合は、賃貸に住んでいても良いと思います。

ライフスタイルからも考えてみましょう

賃貸に住めば良いのか?新築分譲マンションを購入したほうが良いのかは、年代別でも違うといったことは、分かっていただけたのでは無いでしょうか。
問題は、仕事を定年で退職した後の話になります。
賃貸に住み続ける場合には、家賃の分の蓄えをしておかなければなりません。
その分を考えた場合、新築分譲マンションや家などを購入していた場合と、大差がなくなってしまうものです。
お金の面から考えた場合は、新築の物件を購入したほうが良い場合も多いです。
ですが、仕事の都合上、引越しを余儀なくされる方もいることかと思われます。そういった場合は、賃貸に住んで老後に住む物件のための蓄えをしておくのも良いでしょう。
結局、賃貸に住めば良いのか、新築の物件を購入したほうが良いのかは、今のライフスタイルにも関わってきます。
今後住む場所に関しては、自分たちにあったスタイルで、しっかりと検討してみてください。