マンションに住みたい~賃貸?それとも購入?

>

マンションに住む場合に考えられる3つの選択肢

賃貸に住む場合のメリット

中古のマンションを賃貸で借り住む場合のメリットを紹介します。
まず、マンションを購入して貸し出すといった場合以外の話ですが、賃貸に住む場合ですと、月々の家賃にかかる資金といった点に関しましては、なるべく抑えることができるといったメリットがあります。
それから、ライフスタイルそのものの変化に柔軟に対応できるといったメリットもあります。
ですので、若い夫婦に子供が生まれた、または2人目、3人目と子供が増えた場合でも、広い間取りのマンションに引越したりするといったこともできます。
マンションを購入した場合には、基本的に部屋を広げることもできませんし、違うところを新しく買うといったことは難しいことかと思われます。
設備に関してもメンテナンスの必要はなく、おかしなところが出てきた場合には、大家さんに連絡をする形になるところは、修繕は大家さんがおこなうので楽な部分でもあります。
購入する場合とは違って、敷金礼金や仲介手数料は必要となりますが、それ以外の初期費用や大変な手続きは、必要がないといったこともメリットになることでしょう。
近年では、仲介手数料が無料の中古マンションもあります。

賃貸に住む場合のデメリット

次に中古マンションを賃貸で住む場合のデメリットを紹介します。
賃貸の場合は残念ながら、長く住んでいたとしても財産や資産にはなりません。
ですので、子供が家を購入するとなった場合には、マンションを購入することになったり、家を建てたりすることになると思われます。
また、何らかの設備を取り付けるとなった場合には、壁に穴を開けたりすることになることもあります。その場合は大家に連絡をして許可を得る必要があります。もちろん、場合によっては許可を得られないこともあります。
それから、借りているものなので、どんな場合でも家賃は支払い続ける必要があります。
大家のほうの都合によっては、残念ながら退去しなければならないといったこともあるでしょう。